ふとした男らしさや、優しさを女性にさりげなくアピールする方法

女性は口説かれるのが好きなのか?

たいていの女性は「相手による」と答えるでしょう。

正直好みでもなく好意も持っていない相手に口説かれると、今まで彼が嫌いではなかったのに苦手になります。相手を傷つけず、かと言って期待も持たせることなく断る方法を考えるのもおっくうになります。

ようするに、先に好意を持たせてから口説くと間違いはありません。

しかし、口説くという言葉は告白と違ってとても軽く、それこそお茶に誘う程度の手軽さをさしている気もします。いちいちその気のない女性に好意を持たせてから口説くなんて面倒でしょう。

いかに手軽に、素早く好意をもたせるか、口説きが成功するかどうかはそれに尽きると思います。
容姿がいいと有利なのは確かですね。でも女性が、あ、この人いいかも、と思う瞬間は容姿とは関係ありません。

ふとした男らしさや、優しさや、信念や…
自分にはないものに対する尊敬や憧れを抱かせるともうこっちのものです。
だからそれをどうすりゃいいのか、というのは、まあ自分で考えて下さい。

最近は心が明るく健康で元気な女性はさほどいないでしょうから、素人なりにでも心理学を調べてその女性に合った手法を実践すればいいと思います。
とにかく口説くなら下準備が全てです。手慣れたチャラ男さんは口説きと下準備を同時にできてしまいますが、あのエコな口説きに落ちる女性もどうかと思いますしね。

そもそも男性も簡単に口説いて簡単に落ちる女性とその先の付き合いを広げようとは思わないでしょうし…そのほうがいいとおっしゃる男性もいるでしょうけれど。

数うちゃ当たると言いますが、女性は、たいていの人が「遊び人はイヤ!」と言うわりに、口説かれる時は手慣れたような、スマートな口説き方をされるほうが安心感があるようですね。

とにかく場数をこなす、というのも口説くとういう行為には必要なのかも知れません。
ただ私は、ぜひ好意を得てから誠実に口説いていただきたいと思っております。