会社に異性がいない、おじさんおばさんしかいないと嘆いていては出会えない

出会いは待つものではなく、作っていくものだという話です。

学生でいうと、男子校、女子校に通っていても異性と出会えている人がなにをやっているのかといえば、異性との接点をどこかで作る努力をしている人が多いです。

男子校なら女子校と、女子校なら男子校と交流しようと努力していたり、出会いを作りたいということを友人などに正直に伝えていて誘いを待ったり、自分で友人や知人のつてを頼って男性との出会いの場を構築していたりということをしているわけです。

当然、恵まれた環境にいる人もいて、兄弟や姉妹の友人に自分好みの人がいて、相手も自分のことが好きで付き合っているので女子校や男子校であっても関係ないという人や、幼馴染がどんどん可愛く、または格好良くなっていて、尚且つ小さい時から結婚の約束をしたままくるほど仲が良くて付き合っているという、漫画のような世界に住んでいる人も極小数ですが存在します。

しかし異性との接点を作って恋愛経験を積んでいる人というのは大体前者の、行動力がある人が多いわけです。

後者の場合は受け身であったり恵まれた環境に胡座をかいているわけで、もしもなにかがあってその出会いや付き合いが終わったとすると、次の出会いは不透明で前者のような次々に出会いが訪れるという環境でもなく、下手をすれば出会いがないまま年齢だけを重ねてしまうということもあるかもしれません。

社会人であっても、とにかく行動力がある人はなにかしらの出会いがあります。
会社に異性が殆どいないとか、おじさんやおばさんばかりで出会いがないと嘆いてばかりでは出会いがあるはずもありません。

なにか趣味があれば趣味のサークルとか、オフ会に出席するというのもいいでしょうし、体を鍛える趣味ならジムやプールといった施設でも異性との出会いはあるはずですし、自分自身が動いていけば出会いの場はどんどん出来ていくはずです。

手っ取り早い出会いを求めるなら結婚相談所や街コンといったものに参加すれば相手の異性も同じ目的であることがほとんどですし、いよいよ本物の出会いに近づけるはずです。

出会いがないと嘆く暇があるなら、嘆いている間にセッティングをして出会いの場を自分で作っていきましょう。
きっと素敵な異性と出会える機会がやってくるはずです。