童貞だけど彼女が欲しい、でも出会いが少ない

童貞だけど彼女が欲しい、でも出会いが少ない、という人は多いと思います。
しかし出会いが少ないのではなく、出会っているけれど親しくなれない人というのが実は一番多いのではないでしょうか。
そんなわけで、私が実践している「女性と親しくなるテクニック」をご紹介します。

・とにかく聞き役に徹する
よく言われることですが、女性はとにかくお喋り好きです。
誰かの話を聞くよりも自分の話を誰かに聞いて欲しい女性が圧倒的多数です。
なので女性と会話するときは、自分の話はせずに女性の話をうんうんと聞いてあげましょう。
スポーツ選手にインタビューするようなイメージで会話を運ぶとやりやすいと思います。
「休みの日は何をしてることが多いの?」とか「そのときの気持ちはどうだったの?」とか本当のインタビュアーになったつもりで質問攻めにするのです。
そうすると女性も気分が良くなり、この人は話しやすい人だなぁと思ってくれます。
ただししつこく質問攻めし過ぎると逆効果になりかねないので、ちょくちょく自分の話も織り込みましょう。

・メールは自分から送る
基本的に女性は待つ生き物です。
飲み会などで連絡先を交換した場合は、必ず自分からメールをしましょう。
こちらが待っていてはダメです。
メールの内容は何でも大丈夫ですが、受け手側の女性が返信しやすいような内容にするとベストです。
例えば、「昨日はお疲れさまでした!」だけではなく、今度は別の飲み会をやろうと思っているんだけど、~ちゃんってワインとかって飲める?」のような感じです。
グイグイとコミュニケーションを先導してとり、親しくなりましょう。

・女子受けするアイテムを身につける
女性はちょっとしたものにこだわるのが好きです。
今だったらスマホのカバーなどが良いです。
ちょっと変わったものをつけてみてはどうでしょうか。
それだけで女性のアンテナに引っかかり話が弾む可能性大です。
また逆に、女性が身に着けているものを褒めるのも良いです。
髪型や服装などを褒めるのは少し難易度が高いですが、同じくスマホのカバーくらいなら可愛いねなんて言葉をかけやすいと思います。
アイテムに敏感になりましょう。