嫉妬深い男性の対処法はルールを決めること(行動・態度・特徴・心理)

嫉妬深い人が付き合っていたり結婚している異性としましょう。

ちょっとでも他の異性と遊んだり話をしたりするだけでイライラしたり、怒ってきたりする人もいます。

面倒なら別れてしまえばいいという話なんですが、嫉妬というのは愛情の一部であることは理解すべきです。

好きであるからこそ、意識が強くこちらに向いているからこそ感情の起伏があるわけですし、常にアンテナを張っているわけですから、怒られたりイライラされることは面倒だと思っても、違った形の愛情なんだと思えるようになれれば、相手が可愛くも見えてくるはずです。

他の部分を大事にするというのも面倒だとか嫌だなと思わなくなる手です。

料理が上手い、優しい、可愛い、美人、声が良い、気が効くといった点が優れているなら、嫉妬してくれることは可愛く感じることができるはずですし、プラスポイントを重視すべきであってマイナスポイントは気にしないことが一番です。

それでも気になる、嫉妬されるのが辛いという場合もあるかもしれません。

人によっては尋常ではない嫉妬だったり、度合いも違うからです。

行き過ぎた嫉妬をする人が相手だとすると、矯正することも厳しいですし、思い込みも激しいタイプも多いため、別れるというのも手ではあります。

嫉妬されないように動くことが出来て、関係が上手くいくなら異性との接触を極力避ける方がいいかもしれません。

自分に後ろ暗いことがないなら異性と接触したことをなんでも報告もできるでしょうし、隠れて異性と会う必要もないはずです。

それがどうしても面倒だと思ったり、もっと自由になりたいというなら別れるべきでしょう。

異性と恋愛をするということは違いはあっても不自由を許容し、共有することであるので、無限の自由を求めるならそもそも恋愛を避けるべきかもしれません。

一時は我慢できても追々爆発してしまう可能性が高いとか、爆発するだろうという場合もお互いのためにはなりませんから、先延ばしにせずにしっかり話し合ってルールを決めるか、潔く別れるべきでしょう。